PHPで連想配列を使用(作成)する

PHPで連想配列を使用(作成)してみます。作成した連想配列の出力も行ってみます。

連想配列を使用することで、値に割り当てられるキーは、ユーザーの定義した文字列を使うことができます。

■環境

・Windows10

・WampServer Version 3.2.3 64bit

・PHP Version 7.3.21

■連想配列を使用(作成)する

それでは、早速連想配列を使用(作成)してみます。

■コード

<?php
$colors =array("赤色"=>15,"黒色"=>29,"青色"=>33);

print_r($colors);
?>

今回はcolorsという変数を定義し、その中にarray()と記述し、配列を作成します。配列の中には、キーとして文字列を入れます。配列の値には数値を入れます。

入れた後に、print_r()関数を使用し、今回定義した変数内の情報を解りやすく出力します。

■実行

では、このスクリプトを「hello.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行してみると、今回定義した変数内の配列は、こちらで設定したキーと値が入っていることが確認できます。今回の場合は、「赤色」が「15」、「黒色」が「29」、「青色」が「33」となっています。

これで作成した連想配列の出力は完了となります。

■別の方法で連想配列を作成する

次に、別の方法で連想配列を作成することもできますので、やってみます。

■コード

<?php
$colors["桃色"] = "24";
$colors["白色"] = "36";
$colors["灰色"] = "45";

print_r($colors);
?>

colorsという変数を定義し、その中に「[“キー”] =”値”」の配列のセットを格納します。

格納後、print_r()関数を使用し、今回定義した変数内の情報を解りやすく出力します。

■実行

では、このスクリプトを「hello.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行してみると、先ほど連想配列を作成した時と同じように、配列内に格納したキーと値が出力されることが確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました