HTMLファイルにPythonプログラムを直接書くことができるフレームワーク「PyScript」を使用する

HTMLファイルにPythonプログラムを直接書くことができるフレームワーク「PyScript(https://pyscript.net/)」を使用してみます。

■PyScriptのインストール

PyScriptをインストールするためには、PyScriptをインストールすることは不要で、コードをHTMLファイルに追加するだけで実行することができます。

■コード

<link rel="stylesheet" href="https://pyscript.net/alpha/pyscript.css" />
<script defer src="https://pyscript.net/alpha/pyscript.js"></script>

追加するコードは上記になります。

■Pyscriptを使用する

次にPyscriptを使用することについてですが、HTMLファイルに直接コードを書き込む(埋め込みコード)か、外部ファイルを使用する方法があります。

今回は、HTMLファイルにPythonプログラムのコードを書き込むことで、Pyscriptを使用し、プログラムを実行してみます。

■コード

<!DOCTYPE html>
<html>

<head>
    <link rel="stylesheet" href="https://pyscript.net/alpha/pyscript.css" />
    <script defer src="https://pyscript.net/alpha/pyscript.js"></script>

</head>

<body>

    <py-script>
        print("こんにちは。世界。新しい扉を開こう!")
    </py-script>

</body>

</html>

今回は、コードエディタを開き、上記のコードを書きます。書いた後に「index.html」というファイルで保存します。プログラムの内容としてはprint()関数を用いて括弧内に渡した引数,パラメータ(日本語の文字列)を出力させるというものです。

■HTMLファイルをサーバーにアップロードする

ファイルの保存が完了した後に、今回は現在借りているレンタルサーバー「ヘテムル」にHTMLファイルを、「FFFTP」等のFTPクライアントソフトを用いて、ファイルをサーバーにアップロードします。アップロード後、Webブラウザを起動し、ヘテムルドメインにアクセスしてみます。

アクセスしてみると、Pyscriptを使用し、Pythonプログラムを実行することができましたが、文字化けしてしまいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました