Pythonのjson.dumps()を用いてタプルを含む辞書をJSONに変換する

Pythonのjson.dumps()を用いてタプルを含む辞書をJSONに変換してみます。

json.dumps()関数を用いることで、タプルを含む辞書をJSON形式に変換することができます。

■Python

Google Colaboratory(Google Colab),Python3.7.10

■json.dumps()を用いてタプルを含む辞書をJSONに変換する

では、早速json.dumps()を用いてタプルを含む辞書をJSONに変換してみます。

■コード

import json

data_test = {
    "id":("1","2","3"),
    "名前":("田中","佐々木"),
    "出身":("大阪府","京都府")
}

json_convert = json.dumps(data_test,indent=2,ensure_ascii=False)

print(json_convert)

今回は、Pythonの標準モジュールであるjsonモジュールを呼び出します。その後、data_testという辞書を、波括弧”{ }”を用いて定義します。定義後、辞書内にコロン”: ”を用いてキーと値のペアを格納します。さらに、今回はタプルを定義しますので、キーと値の”値”の部分を、括弧”( )”を用いて定義します。タプル内には値を格納します。

格納後、json_convertという変数を定義し、json.dumps()関数を用います。関数の括弧には、第1の引数,パラメータとして、JSON形式に変換するdata_testを渡します。第2の引数,パラメータとして、JSON形式を整形して出力するためにインデントのスペース数を指定します。第3の引数,パラメータとして、jsonモジュールではエンコード機能にensure_asciiというオプションがあり、デフォルトではTrueとなっているため、非ASCII文字を全て “\uXXXX”(文字化け)という形にエスケープされますが、今回は漢字等を含みますので、エスケープせずに出力させため、「False」と指定します。

これでタプルを含む辞書をJSON形式に変換され、変換されたものがjson_convertに格納されます。

最後にprint()関数でjson_convertの情報を出力します。

■実行・検証

スクリプトを作成後、このスクリプトを実行してみます。

実行してみると、今回定義したタプルを含む辞書を、json.dumps()関数を用い、JSON形式として出力させることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました