PHPでecho文(ステートメント)を使用する

PHPでecho文(ステートメント)を使用してみます。

echo文(ステートメント)は、1つ以上の文字列を出力することができます。echo文(ステートメント)を使うとWebブラウザに文字列、数値、変数値、式の結果などを表示できます。

■環境

・Windows10

・WampServer Version 3.2.3 64bit

・PHP Version 7.3.21

■echo文(ステートメント)を使用し、文字列をWebブラウザに表示する

echo文(ステートメント)を使用し、文字列をWebブラウザに表示してみます。

■コード

<?php
echo "Hello World!";
?>

文字列をWebブラウザに表示するためには、echo文(ステートメント)の後に、今回は文字列を表示させますので、表示させる文字列をダブルコーテーションで囲います。

囲った後に「;」を記述します。これでWebブラウザで文字列を表示することができます。

■実行

では、このスクリプトを「hello.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行させてみると、Webブラウザに「Hello World!」という文字列が表示されました。

■WebブラウザにHTMLタグを表示する

では、次にecho文(ステートメント)を使うと、HTMLタグを表示することもできますので、やってみます。

■コード

<?php
echo "<h1>文字列を表示</h1>";
?>

HTMLタグを表示する場合は、文字列を表示する場合と同様に、echo文(ステートメント)の後に、ダブルコーテーションを記述します。その後にダブルコーテーション内にHTMLタグを記述します。今回はH1タグを使用します。最後に「;」を記述します。

■実行

先ほどの「hello.php」の中身を変更し、スクリプトを実行してみます。

実行してみると、今回記述した文字列が大見出しとして表示されました。

■Webブラウザに変数の表示する

では、次にecho文(ステートメント)を使うと、Webブラウザに変数を表示させることができますので、やってみます。

■コード

<?php
$hello = "Hello World!";
$num = 123456789;

echo $hello;
echo "<br>";
echo $num;
?>

変数を表示させる場合は、「$」の後に変数の名前を記述します。記述した後に「=」と記述し、さらに変数の値(情報)を代入します。今回は文字列と数字を代入しています。

代入後、echo文(ステートメント)を記述します。その後に呼び出す変数の名前を記述します。最後に「;」と記述します。

■実行

先ほどの「hello.php」の中身を変更し、スクリプトを実行してみます。

実行してみると、変数に代入した値(情報)が呼び出されて、Webブラウザで表示することができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました