【JavaScript入門】Window.alert() メソッド – 警告ウィンドウを表示する

Window.alert() メソッド – 警告ウィンドウを表示してみます。

■PC環境

・Windows10

・簡単に書いたコードを共有ができる「jsFiddle(https://jsfiddle.net/)」

■Document.write() メソッドを使って文字列(文章)の内容を表示する

Window.alert() メソッドを使って警告ウィンドウを表示してみます。

■コード

Window.alert() はポップアップウインドウにメッセージを表示します。

括弧内に短い言葉を入力することで、ユーザーにエラーを通知することができます。フォームフィールドのエラーを修正するための指示などの情報をユーザーに提供する場合にも役立ちます。役立つものですが、誤用や多用してしまうと、Webサイトの訪問者にとって迷惑となりえます。

alert('警告を表示')

なお、Window.alert() は上記のように、alert() と短縮することができます。

また、HTML5では、スクリプトのタイプを指定する必要はなくなりました。つまり、「<script type = “text / javascript”>」という指定はなくなり、「<script>」の記述のみとなりました。

■実行・検証

jsFiddle(https://jsfiddle.net/)において、Window.alert() メソッドを使って実際に警告ウィンドウが表示されるのかを確認します。

確認してみると、ポップアップウインドウが表示されることを確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました