ローカルGitリポジトリにファイルを追加する

前回、Windowsで独自のローカルGitリポジトリを作成するという記事を公開しましたが、今回はローカルGitリポジトリにファイルを追加してみます。

■PC環境

>Windows 10

>git –version
git version 2.35.1.windows.2

※今回は「Git for windows」をインストールしています。

■作成したリポジトリに移動する

前回、リポジトリを作成しましたので、作成したリポジトリに移動します。移動するために、Windows10のコマンドプロンプトを起動します。

C:\Users\user_>cd github_test

起動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。「cd」コマンドを用いて作成した「github_test」ディレクトリ内に移動します。

作成したリポジトリにファイルを登録する

移動後、作成したリポジトリにファイルを登録するために、まずはファイルを用意します。

今回は「C:\Users\user_\github_test(フォルダパス)」内に「test01.txt」というテキストファイルを用意しました。

このテキストファイルの中身は上記になります。

C:\Users\user_\github_test>git add test01.txt

ファイルの用意ができましたので、コマンドプロンプト上に戻ります。戻った後に、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。「git add」コマンドを用いて作成されたファイルをgitリポジトリに追加します。

C:\Users\user_\github_test>git status

Enterキーを押すと、何も出力されませんが、gitリポジトリに追加されました。追加されたファイルの状態を確認するには、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Enterキーを押すと、「Changes to be committed(コミットされる変更点):」で「new file: test01.txt」と出力されていますので、ファイルがgitリポジトリに追加されていることがわかります。

C:\Users\user_\github_test>git commit-m"ここにコミットメッセージを入力"

追加されたファイルの状態を確認後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。「git commit」コマンドを用いて、リポジトリに登録します。「-m」コマンドをコミットメッセージを追加します。今回は「テスト。検証です。」とします。

[master (root-commit) 8322d03] テスト。検証です。
 1 file changed, 0 insertions(+), 0 deletions(-)
 create mode 100644 test01.txt

Enterキーを押すと、上記のメッセージが出力されます。これでリポジトリに登録完了となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました