AWS EC2の「Ubuntu Server」インスタンスにSSHクライアント「PuTTY」を用いてSSHで接続する

AWS EC2の「Ubuntu Server」インスタンスにSSHクライアント「PuTTY」を用いてSSHで接続してみます。この記事は、前回公開した「Amazon EC2で「Ubuntu Server」インスタンスを作成する」という記事の続きです。

■PC環境

Windows10(Google Chrome)

■AWS マネジメントコンソールにアクセスする

まずは、AWS マネジメントコンソール(https://aws.amazon.com/jp/console/)にアクセスします。ページ内に「コンソールにサインイン」ボタンか、「もう1度ログインする」ボタンがありますので、いずれかのボタンをクリックします。

クリックすると「Amazon Web Services Sign-In(https://signin.aws.amazon.com/signin)」ページに移動します。ページ内には、「ルートユーザー」か「IAM ユーザー」でのいずれかの方法でサインインする方法が示されています。今回は「ルートユーザー」を選択し、「ルートユーザーの E メールアドレス」の入力欄にメールアドレスを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

クリックすると、「ルートユーザーサインイン」という項目が表示され、先程入力したメールアドレスが表示されます。その下に「パスワード」が表示され、入力欄がありますので、パスワードを入力し、「サインイン」ボタンをクリックします。クリックすると「セキュリティチェック」の項目が表示され、「画像に表示された文字」を入力します。入力後「送信」ボタンをクリックします。クリックすると認証が行われ、マネジメントコンソールが表示されますが、間違えると「Captcha 入力が正しくありません 文字を入力してもう一度試してください」と表示されます。

■EC2 Management Consoleへ移動する

マネジメントコンソールが表示後、コンソール上部の「サービス、特徴、ブログ、およびドキュメントなどを検索」という検索フォームに「EC2」と入力します。入力すると「サービス」に「EC2」が表示されますので、この「EC2(クラウド内の仮想サーバー)」をクリックします。

クリックすると「EC2 Management Console」のダッシュボードが表示されます。ダッシュボードの左側メニューの「インスタンス」から「インスタンス」をクリックします。

クリックすると、「インスタンス」のページが表示されます。ページ内に前回作成した「web-test-server」という名前の「インスタンス」がありますので、このインスタンスの「インスタンス ID」をクリックします。

クリックすると、「インスタンス概要」が表示されます。

■SSHクライアント「PuTTY」を起動し、SSHで接続するための設定をする

「インスタンス概要」が表示された状態で、Windows10のデスクトップ画面を表示させます。表示後、ダウンロードしインストールした「PuTTY(pterm.exe)」を起動させます。

起動すると、「PuTTY Configuration」というウインドウが表示されます。ウインドウ内でまずは「接続先の設定」として、「ホスト名(またIPアドレス)」の入力欄にホスト名を入力します。

ubuntu@パブリック IPv4 アドレス

今回は、「ubuntu」と「インスタンス概要」で表示されている「パブリック IPv4 アドレス」を組み合わせ、上記のようにします。これを、入力欄に入力します。

入力後、「ポート」は「22」と設定し、「接続タイプ」は「SSH」を選択し、プルダウンメニューが「Telnet」となっていることを確認します。

確認後、「カテゴリ」の「SSH」をクリックします。クリックするとさらにカテゴリが表示されますので、この中から「認証」をクリックします。

クリックすると、「認証のためのプライベートキーファイル」という入力欄があり、その右側に「参照」ボタンがありますので、こちらをクリックします。

クリックすると「秘密鍵ファイルの選択」というウインドウが表示されますので、前回保存された「test-server-key.ppk」というppk形式のファイルを選択し、「開く」ボタンをクリックします。

クリックすると、選択したファイルが入力欄に表示されます。表示後、「カテゴリ」から「セッション」をクリックします。

クリック後、「セッションの読込、保存、削除」の項目内の「セッション一覧」に、これまでのセッションを保存するために名前を入力します。今回は「test-server」とします。入力後、「保存」ボタンをクリックします。クリックするとセッションが保存されます。これで次回以降、SSHで接続を行う際に毎回今回と同じ設定を行わずに済みます。

■SSHで接続する

セッションを保存後、「開く」ボタンをクリックします。

The host key is not cached for this server: **.**.***.*** (port 22) You have no guarantee that the server is the computer you think it is. The server’s ssh-ed25519 key fingerprint is: ssh-ed25519 255 SHA256:***** If you trust this host, press “Accept” to add the key to PuTTY’s cache and carry on connecting. If you want to carry on connecting just once, without adding the key to the cache, press “Connect Once If you do not trust this host, press “Cancel” to abandon the connection.

(このサーバーのホストキーはキャッシュされていません。**.**.***.*** (ポート 22) サーバーがあなたが考えているコンピューターであることを保証するものではありま せん。このサーバーの ssh-ed25519 鍵の指紋は次のとおりです: ssh-ed25519 255 SHA256:***** このホストを信頼するなら、「Accept」を押して鍵を PuTTY のキャッシュに追加し、接続を続行します。鍵をキャッシュに追加せず、一度だけ接続を継続する場合は、「Connect Once」を押します。 このホストを信頼していない場合は、「Cancel」を押して接続を放棄します。)

クリックすると、「PuTTY Security Alert」というウインドウが表示されます。ウインドウ内には上記のメッセージが書かれており内容を確認し、「Accept」ボタンをクリックします。

Welcome to Ubuntu 22.04 LTS (GNU/Linux 5.15.0-1011-aws x86 64)
* Documentation: https://help.ub 
* Management: https://landscape.canonical.com 
* Support: https://ubuntu.com/advantage
System information as of Fri Jul 8 00:49:50 UTC 2022
System load: 0.0 Usage of 7: 22.6% of 7.58GB Memory usage: 234 Swap usage: 0%
Processes:
100 Users logged in: IPv4 address for etho: ***.**.**.**
* Ubuntu Pro delivers the most comprehensive open source security and,
compliance features.
Ubuntu Pro for AWS | Ubuntu
Ubuntu Pro for AWS, the Ubuntu image optimised for production and professional use on public cloud. Including broad security coverage, live kernel patching, cer...
42 updates can be applied immediately. 22 of these updates are standard security updates. To see these additional updates run: apt list --upgradable

クリックすると、SSHで接続し、上記のようなメッセージが出力されます。

ubuntu@ip-**-**-**-**(ipアドレス):~$

出力後、上記のように出力されれば、「Ubuntu 22.04 LTS」への接続に成功したことになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました