PythonでCSVkitを用いてExcel(.xlsx)を CSVに変換する

PythonでCSVkitを用いてExcel(.xlsx)を CSVに変換してみます。

今回はCSVkitを用います。このライブラリはPythonの標準ライブラリではありませんので、事前にインストールする必要があります。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.8.5」を使用しています。(Windows10)(pythonランチャーでの確認)

■Excel(.xlsx)ファイルを用意する

では、まずCSVkitを用いてExcel(.xlsx)を CSVに変換しますので、Excel(.xlsx)ファイルを用意します。

今回は、Googleスプレッドシートを用いて作成した上記のデータを用意しました。

このデータをGoogleスプレッドシート上の「ファイル」をクリックして表示される「ダウンロード」の「Microsoft Excel(.xlsx)」をクリックします。クリックすると、今回作成したデータが「Microsoft Excel(.xlsx)」形式でダウンロードできます。ダウンロード後、ダウンロードしたファイルの名前を「test_01.xlsx」に変更します。変更後、Pythonが実行されている作業ディレクトリ(カレントディレクトリ)内に移動させます。これでExcel(.xlsx)ファイルの用意は完了です。

■CSVkitを用いてExcel(.xlsx)を CSVに変換する

in2csv test_01.xlsx > data_test.csv

完了後、コマンドプロンプトを起動します。起動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。今回は「test_01.xlsx」を「data_test.csv」に変換します。

Enterキーを押すと、何も出力されませんが、変換が開始され完了となります。

完了後、Pythonが実行されている作業ディレクトリ(カレントディレクトリ)内を確認すると、変換された後のファイルである「data_test.csv」が生成されていることが確認できました。

確認後、「data_test.csv」をテキストエディタで開いてみると、CSVとしてExcel(.xlsx)ファイルが変換されていることが確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました