Pythonでscrypを用いてデータを暗号化を行う

Pythonでscrypを用いてデータの暗号化を行ってみます。

今回はscrypを用います。このモジュール・ライブラリは、Pythonの標準ライブラリではありませんので、事前にインストールする必要があります。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.8.5」を使用しています。(Windows10)(pythonランチャーでの確認)

■scrypを用いてデータの暗号化する

では、早速Bush-Encryptionを用いてデータを暗号化するスクリプトを書いていきます。

■コード

from scryp import encrypt

encrypted_string = encrypt('test123456','AStrongPassword')

print(encrypted_string)

「from import」でscrypモジュールのencryptを呼び出します。その後、encrypted_stringという変数を定義し、その中でencrypt()を用います。括弧内には第1の引数,パラメータとして、暗号化用の文字列を渡します。第2の引数,パラメータとして、パスワード文字列を渡します。これでデータの暗号化されます。

最後にprint()を用いてencrypted_string変数の情報を出力します。

■実行・検証

このスクリプトを「encryption_test01.py」という名前で、Pythonが実行されている作業ディレクトリ(カレントディレクトリ)に保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、scrypモジュールのencryptを用いたことで、今回指定した文字列(データ)を暗号化し出力させることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました