pyautoguiモジュールを使用してPythonでコンピューターの画面解像度を取得する

pyautoguiモジュールを使用してPythonでコンピューターの画面解像度を取得してみます。

そもそも、コンピュータの解像度とは、画面の幅と高さのピクセル数になります。

画面の解像度が高いほど、画面の鮮明度、または精細度が高くなります。

なお、Pythonでpyautoguiモジュールを使う場合は、事前にモジュールをインストールしておく必要があります。

■Python

Pythonバージョン

今回のPythonのバージョンは、「3.8.2」を使用しています。

■pyautoguiモジュールを使用してコンピューターの画面解像度を取得する

では、早速pyautoguiモジュールを使用してコンピューターの画面解像度を取得してみます。

■コード

import pyautogui

print(pyautogui.size())

インポートでpyautoguiモジュールを呼び出して、コンピューターの画面解像度を取得するためには、pyautogui.size()を使用します。()の中には何も記述しません。

今回は、pyautogui.size()で取得した結果をprint関数で出力してみます。

■実行

今回書いたスクリプトを、「computer-resolution.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

Size(width=1366, height=768)

実行してみると、上記の結果が出力されました。この結果により筆者のコンピューターは、画面全体で1366px(幅,width)があり、画面の上部から下部まで768px(高さ,height)があることが確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました