Ubuntu 20.04.2 LTSにApacheWebサーバーをインストールする

Ubuntu 20.04.2 LTSにApacheWebサーバーをインストールしてみます。

今回はDigitalOcean(https://www.digitalocean.com/)クラウドサーバー(ドロップレット)に接続し、クラウドサーバー(Ubuntu 20.04.2 LTS)に、世界で最も広く利用されているWebサーバーであるApacheをインストールし、Webサーバーを確認するまでをやってみます。

■PC環境

・Windows10 Pro

・OpenSSH_for_Windows_8.1p1, LibreSSL 3.0.2(Windows10にプリ(標準)インストール)

■クラウド環境

Ubuntu 20.04.2 LTS (GNU/Linux 5.4.0-73-generic x86_64)

■コマンドプロンプトを起動する

コマンドプロンプトを起動します。

起動する際は、Windows10のディスクトップ画面の「ここに入力して検索」という検索ボックスで「cmd」を入力すると、「コマンドプロンプト」が検索結果として表示されます。こちらをクリックします。

ssh root@***.*.*.*<ipアドレス>

起動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。OpenSSHを使用し、クラウドサーバー(ドロップレット)にroot権限で、接続します。

sudo apt update

接続後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。Ubuntuのパッケージの更新を行います。

sudo apt install apache2

更新完了後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。Apache2をインストールします。Apache2はモジュラーサーバーです。

Enterキーを押すと、インストールが開始され、途中で「Do you want to continue? [Y/n](続けますか?[Y/n])」と質問されますので、「Y」と入力し、Enterキーを押します。

Enterキーを押すと、インストールが開始され、しばらくすると完了となります。

sudo apache2ctl -v

完了後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押すと、インストールしたApacheのバージョンを確認できます。

Server version: Apache/2.4.41 (Ubuntu)
Server built: 2021-06-17T18:27:53

Enterキーを押すと、上記のメッセージが表示されます。今回のインストールしたバージョンは「Apache/2.4.41 (Ubuntu)」です。

■ファイアウォールを調整する

インストール後、ファイアウォールの設定を変更して、デフォルトのWebポートへの外部アクセスを許可する必要があります。

sudo ufw app list

変更するには、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。ufwを使用し、アプリケーションを一覧表示します。

・Apache:ポート80のみを開く
・Apache Full:ポート80とポート443の両方を開く
・Apache Secure:ポート443のみを開く

Enterキーを押すと、上記のアプリケーションが表示されます。(上記以外も表示)

sudo ufw allow 'Apache'

アプリケーションの一覧を表示し、確認ができましたら、今回はポート80のみを許可しますので、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Rule added(ルール追加)
Rule added (v6)(ルール追加)

Enterキーを押すと、上記のメッセージが表示されます。ルールが追加され、ポート80のみが許可されます。

sudo ufw status

許可後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。状態を確認します。

Status: active(ステータス:アクティブ)

To Action From
-- ------ ----
OpenSSH ALLOW(どこでも) Anywhere(許可)
Apache ALLOW(どこでも) Anywhere(許可)
OpenSSH (v6) ALLOW(どこでも) Anywhere(許可) (v6)
Apache (v6) ALLOW(どこでも) Anywhere(許可) (v6)

Enterキーを押すと、状態がアクティブとなっており、Webサーバー(Apache)へのアクセスを許可されています。

■Webサーバーを確認する

sudo systemctl status apache2

Webサーバー(Apache)へのアクセスを許可しましたので、Ubuntu 20.04.2 LTS上でApacheを起動します。インストールしてから、Webサーバーはすでに稼働していますが、確認のため、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Enterキーを押すと、「apache2.service – The Apache HTTP Server」と表示され、「Active:」の項目を確認すると「active (running)(アクティブ(実行中))」と確認できます。これは稼働中という意味です。

確認後、qを入力し、状態(ステータス画面)を終了します。

http://***.*.*.*<ipアドレス>

終了後、DigitalOcean(https://www.digitalocean.com/)の管理画面などでIPアドレスを確認し、IPアドレスの前に「http://」と記述します。記述後、全ての文字列をコピーします。

コピー後、Webブラウザを起動します。起動した後、アドレスバーにコピーした文字列を貼り付けてアクセスします。

アクセスすると、「Apache2 Ubuntu Default Page: It works」というタイトルのランディングページが表示されます。

This is the default welcome page used to test the correct operation of the Apache2 server after installation on Ubuntu systems. It is based on the equivalent page on Debian, from which the Ubuntu Apache packaging is derived. If you can read this page, it means that the Apache HTTP server installed at this site is working properly. You should replace this file (located at /var/www/html/index.html) before continuing to operate your HTTP server.(これは、Ubuntuシステムにインストールした後、Apache2サーバーの正しい動作をテストするために使用されるデフォルトのウェルカムページです。このページは、UbuntuのApacheパッケージの元となったDebianの同等のページをベースにしています。このページを読むことができれば、このサイトにインストールされているApache HTTPサーバーが正常に動作していることを意味します。HTTPサーバーの運用を続ける前に、このファイル(/var/www/html/index.htmlにある)を置き換える必要があります。)

If you are a normal user of this web site and don’t know what this page is about, this probably means that the site is currently unavailable due to maintenance. If the problem persists, please contact the site’s administrator.(もしあなたがこのウェブサイトを普通に利用していて、このページが何についてのものかわからない場合、それはおそらく、このサイトが現在メンテナンスのために利用できないことを意味しています。それでも問題が解決しない場合は、サイトの管理者にお問い合わせください。)

これで、Apacheをインストールし、Webサーバーを確認するまでは完了となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました