【obniz入門】RGB LEDの色を自動でグラデーションする

obniz Boardに接続したRGB LEDの色を自動でグラデーションしてみます。

■用意したもの

・obniz Board

・Micro USBケーブル

これらは「obniz Starter kit(オブナイズ スターターキット)」に付属しています。

別途用意したもの

・Windows10を搭載したノートパソコン(オンラインのプログラムエディタを開くため)

・インターネット環境、WiMAX(ワイマックス)。

・BREADBOARD(ブレットボード) 、1個(https://amzn.to/30DRNaO

・RGB LED、1個(https://amzn.to/30B1xCO

・220 ohm resistor(抵抗器)、3個(https://amzn.to/3nlKTB2

・オス – オス ジャンパー線(ジャンパーワイヤ)(M-M wires (Male to Male jumper wires))、5つ(https://amzn.to/34vFpLl

■ブレットボードにRGB LEDランプ、抵抗器、ジャンパー線を接続する

それでは、今回用意したブレットボードにRGB LED、抵抗器、ジャンパー線を接続していきます。

接続する前に、今回用意したRGB LEDのピンは上記のようになっていることを確認しておきます。このRGBは、common_typeは「cathode_common」カソードコモンとなります。使用されているRGB LEDが、アノードコモンなのか、カソードコモンなのかを見分けにはRGB LEDのデータシートを確認してください。

配線を行う際は、Cathode(カソード)には抵抗器を使用しません。それ以外は抵抗器を使用します。

■obniz Boardに接続する

ブレットボードにRGB LED、抵抗器、ジャンパー線が接続できた後は、ジャンパー線にobniz Boardを接続します。

■obniz Boardをノートパソコンに接続する。

接続した後は、obniz Board本体をUSBケーブルを使い、ノートパソコンへ接続します。

■デベロッパーのコンソールにアクセスし、プログラムを作る。

接続後、「obniz – developer’s console(http://obniz.com/ja/console/program)」にアクセスします。アクセス後、オンラインのプログラムエディタでプログラムを作っていきます。

ブザーのプログラムの参考はこちら(https://obniz.com/ja/sdk/parts/FullcolorLED/README.md)。

■コード

RGB LEDの自動グラデーションのON/OFFボタンを作ってみました。ONを押すと、自動でグラデーションで開始されます。OFFを押すと、自動グラデーションが停止します。

検証・確認

RGB LEDの自動グラデーションのON/OFFボタンを作ってみましたが、実際にプログラムを実行して動作するかどうか検証・確認を行いました。検証・確認を行いましたが、ON/OFFボタンがちゃんと動作できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました