【obniz入門】RC サーボモーターで同じ処理を繰り返す(ループ)

obniz Boardに接続したRC サーボモーターを操作し同じ処理を繰り返してみます。(ループ)

■用意したもの

・obniz Board

・RC サーボモーター(ServoMotor)

・Micro USBケーブル

これらは「obniz Starter kit(オブナイズ スターターキット)」に付属しています。

別途用意したもの

・Windows10を搭載したノートパソコン(オンラインのプログラムエディタを開くため)

・インターネット環境、WiMAX(ワイマックス)。

■obniz BoardにRC サーボモーターを接続する

obniz Boardに接続したRC サーボモーターを操作し同じ処理を繰り返してみますので、まずはobniz BoardにRC サーボモーターを接続します。

RC サーボモーターに付属していたパーツを取り付けます。ネジも付属していますが、ネジを使わずにパーツを取り付けることができます。

RC サーボモーター(ServoMotor)を、obniz Boardに接続する前に、モーターのピン配列を確認しておきます。「GND」が茶色、または黒色。「5V(電力を供給する)」が赤色。「Signal(モーターをコントロールする。制御システムの入力)」がオレンジ色、もしくは黄色です。なお、ワイヤーの色はRC サーボモーター(ServoMotor)によって異なります。

ピン配列を確認した後は、obniz Board本体に取り付けます。今回は、「0」が「GND(茶色)」、「1」が「5V(赤色)」、「3」が「Signal(黄色)」といった配線で取り付けます。

■デベロッパーのコンソールにアクセスし、プログラムを作る。

接続後、「obniz – developer’s console(http://obniz.com/ja/console/program)」にアクセスします。アクセス後、オンラインのプログラムエディタでプログラムを作っていきます。

同じ処理を繰り返す(ループ)方法に関しては、こちらを参考にさせていただきました(https://obniz.io/ja/lessons/lessons/lessons_loop)。

■コード

1秒ごとにRC サーボモーターが0度から90度、90度から0度にする動きがループされます。

アレンジを加えて、角度が90度の場合は、obniz Boardディスプレイに角度90度と表示され、0度の場合は角度0度と表示されるようにしてみました。

■検証・確認

今回のプログラムを実行し、RC サーボモーターが同じ処理を繰り返すのか検証・確認を行いました。

検証・確認を行いましたが、1秒ごとにRC サーボモーターがこちらでプログラムした通りに制御されて動作することを確認できました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました