【obniz入門】ステッピングモーターを使用する

ステッピングモーターを使用してみます。

■用意したもの

・obniz Board

・Micro USBケーブル

これらは「obniz Starter kit(オブナイズ スターターキット)」に付属しています。

別途用意したもの

・Windows10を搭載したノートパソコン(オンラインのプログラムエディタを開くため)

・インターネット環境、WiMAX(ワイマックス)。

・Ren He 5V ステッピングモーター、1個(https://amzn.to/3nZUeyP

・28BYJ-48 ULN2003ドライバーボード、1個(https://amzn.to/3nZUeyP

・BREADBOARD(ブレットボード) 、1個(https://amzn.to/30DRNaO

・メスからオスのデュポンワイヤーリボンケーブル(Female to Male DuPont wires)、6つ(https://amzn.to/33BKWAN

・ブレッドボード用電源モジュール(Breadboard Power Supply)、1つ(https://amzn.to/3d3R4Vo

・9V1A アダプター、1つ(https://amzn.to/2SwsVxc

■ブレットボードにブレッドボード用電源モジュールを接続する

まずは、ブレットボードにブレッドボード用電源モジュールを接続します。

接続する際は、ブレッドボードに書かれている「+」、「-」と、ブレッドボード用電源モジュールに記載されている「+」、「-」が合わさるように接続します。

■ブレットボードにメスからオスのデュポンワイヤーリボンケーブルを接続する

接続後、ブレッドボードにメスからオスのデュポンワイヤーリボンケーブルを接続します。

デュポンワイヤーリボンケーブルを接続する際は、ブレッドボード用電源モジュールの「5V」と記載されているところの「+」、「-」にそれぞれ1つずつ接続します。

■ULN2003ドライバーボードに、メスからオスのデュポンワイヤーリボンケーブルを接続する

接続後、ULN2003ドライバーボードにメスからオスのデュポンワイヤーリボンケーブルを接続します。

ULN2003ドライバーボードには「-」、「+」の表記があるので、ブレッドボード用電源モジュールと接続したメスからオスのデュポンワイヤーリボンケーブルをそれぞれ接続します。

■ULN2003ドライバーボードに、ステッピングモーターを接続する

接続後、ULN2003ドライバーボードにステッピングモーターを接続します。

ステッピングモーターのピンは奥までしっかりと接続します。

■ULN2003ドライバーボードの「IN」にメスからオスのデュポンワイヤーリボンケーブルを接続する

接続後、ULN2003ドライバーボードの「IN」という表記があるところに、メスからオスのデュポンワイヤーリボンケーブルを接続します。

■ULN2003ドライバーボードに接続したデュポンワイヤーリボンケーブルをobniz Board本体へ接続する

接続後、ULN2003ドライバーボードに接続したデュポンワイヤーリボンケーブルをobniz Board本体へ接続します。

■obniz Boardをノートパソコンに接続する。

接続した後は、obniz Board本体をUSBケーブルを使い、ノートパソコンへ接続します。

■ブレッドボード用電源モジュールに9V1A アダプターを接続する。

接続後、ブレッドボード用電源モジュールに9V1A アダプターを接続し、RC522 RFID リーダーモジュールに電力を供給します。

■デベロッパーのコンソールにアクセスし、プログラムを作る。

接続後、「obniz – developer’s console(http://obniz.com/ja/console/program)」にアクセスします。アクセス後、オンラインのプログラムエディタでプログラムを作っていきます。

ステッピングモーター(StepperMotor)のプログラムの参考はこちら(https://obniz.com/ja/sdk/parts/MFRC522/README.md)。

■コード

「ON」ボタンを押すと、ステッピングモーターが動きます。

オンラインのプログラムエディタではエラーが表示されてしまってますが、実験でのプログラム実行なので、検証・確認に進めます。

■検証・確認

プログラムを実行し、実際にステッピングモーターが動作するのか検証・確認を行いました。検証・確認を行いましたが、「ON」ボタンを押すと、ステッピングモーターが動くことを確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました