Python初心者が標準ライブラリで遊んでみる

Python初心者が標準ライブラリして遊んでみます。

そもそも、標準ライブラリとはPythonにすでに埋め込まれている便利な機能・関数が集まったものである。

標準ライブラリと呼んでいるが、Pythonではパッケージと呼ぶ。Python以外の多言語ではライブラリと呼ぶことが多い。

参考にしたURL:https://www.youtube.com/watch?v=K5qerjq1JWQ

■importで標準ライブラリを読み込んでみる

import(インポート)で標準ライブラリのmath(数学関数)を読み込んでみます。

■コード

import math

import(インポート)で、標準ライブラリのmathを呼び出す場合は、上記のようにプログラムを記述します。

■実行

記述したプログラムを実行してみます。

実行してみますが、何も起こりません。何も起こりませんが、importでmathを呼び出しています。

呼び出したmathに、

math.pi

「math — 数学関数 — Python 3.8.3 ドキュメント」も参考に、円周率を提供するコードを追加し、プログラムを実行してみます。

実行してみると、mathのライブラリから定数、円周率である「3.141592653589793」が提供され、結果として返されました。

■fromでモジュールを読み込む

次にfromを使い、標準ライブラリの中にある特定の関数を読み込んでみます。

■コード

from datetime import date

今回は、日付や時刻を操作するためのクラスを提供しているdatetimeという標準ライブラリの中にあるdateオブジェクトを読み込んでみます。(参考:datetime — 基本的な日付型および時間型 — Python 3.8.3ドキュメント

■実行

プログラムを実行してみます。

実行してみると、何も起こりません。何も起こりませんが、datetimeという標準ライブラリの中にあるdateオブジェクトを読み込んでいます。

dateオブジェクトを読み込んでいますので、

date.today()

上記のコードを追加して、実行してみます。

実行してみると、today(今日)の日付が結果として返されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました