PythonのTurtleモジュールを使用し矢印を表示する

PythonのTurtleモジュールを使用し矢印を表示してみます。

Turtleモジュールは、Pythonの標準ライブラリので、事前にインストールする必要はありません。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.8.5」を使用しています。(Windows10)(pythonランチャーでの確認)

■Turtleモジュールを使用し矢印を表示し移動させる

では、早速Turtleモジュールを使用し矢印を表示してみます。

■コード

import turtle

turtle.forward(110)

input()

矢印を表示させるためには、turtle.forward()と記述します。これで矢印を前方に移動させることができます。移動させる距離の数値(整数または浮動小数点数)は、括弧内に記述します。

今回は「110」としています。

記述後、最後にinput()と記述します。これを記述することで、ウインドウ内で移動させた矢印を表示させ続けることができます。逆にこれがないとウインドウがすぐに閉じてしまいます。

■実行

このスクリプトを「arrow_tu.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると「Python Turtle Graphics」というウインドウが表示されます。表示された後に矢印が指定した距離分移動し、停止することを確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました