PHPのstrip_tags()関数を使用し文字列からHTMLタグを取り除く

PHPのstrip_tags()関数を使用し文字列からHTMLタグを取り除きます。

strip_tags()関数は、文字列からHTMLタグを取り除くことができます。なお、allowパラメータを用いて許可したHTMLタグは取り除かれませんが、通常、HTMLタグは常に取り除かれます。

ちなみに、NULLバイトが文字列に含まれていても、取り扱うことのできるバイナリセーフの機能が備わっています。

■基本的な構文

strip_tags(string,allow)

stringは、HTMLタグが含まれている文字列を指定します。

allowは、許可するHTMLタグを指定します。このパラメータを使用すると、許可したHTMLタグは削除されません。

■環境

・Windows10

・XAMPP 8.0.6

・PHP Version 8.0.6

■strip_tags()関数を使用し文字列からHTMLタグを取り除く

では、PHPのstrip_tags()関数を使用し文字列からHTMLタグを取り除くスクリプトを書いていきます。

■コード

<html lang="ja">
<head>
<title>strip_tags()関数を使用し文字列からHTMLタグを取り除く</title>
</head>
<body>
<?php
echo strip_tags("こんにちは、<b>世界</b>");
?>
</body>
</html>

文字列からHTMLタグを取り除くためには、strip_tags()関数を使用し、括弧内に引数,パラメーターとして文字列を渡します。文字列内にはHTMLタグが含まれています。

これで渡された情報を元に、HTMLタグが取り除かれ、HTMLタグが削除された文字列が返されます。

返された文字列をecho文で出力します。

■実行

では、このスクリプトを「remove_htmltags_str.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行させてみると、strip_tags()関数を使用したことで、引数,パラメーターとして渡した文字列内のHTMLタグが取り除かれ、HTMLタグが削除された文字列をecho文で出力させることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました