コンピュータプログラミングでのトランザクション(Transactions)

コンピュータプログラミングでのトランザクション(Transactions)について解説しています。

トランザクション(Transactions)とは、一般的に商取引、売買、議事録といった意味がありますが、プログラミングでのトランザクション(Transactions)とは、単一のアクション・作業として実行する必要がある関連アクション・作業のグループ。アクション・作業の論理的な単位であり、トランザクションの外側から見ると、全体的に見えるグループ。

アプリケーションでデータが矛盾がなく整っていることを確保するためには、必要なものです。

なお、商品を売買する際にも「商品と品質」、「数量」、「受け渡し」、「決済」などの条件があり、この条件を取り決め、契約を結び「商品を納品」、「代金の支払い」などのアクション・作業を進め、売買を行います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました