CentOS7でcdコマンドを使ってみる

VirtualBox(Windows10)にCentOS7をインストール後、CentOS7でcdコマンドを使ってみます。

そもそもcdコマンドとは何なのか。cdコマンドを使うことで、ディレクトリを移動することができます。

実際にcdコマンドを使うと、どのようにディレクトリを移動できるのかをやってみます。

■CentOS7を起動後、root権限でログインする

まず、「Oracle VM VirtualBox マネージャー」を起動します。

「Oracle VM VirtualBox マネージャー」が起動後、作成した仮想マシン(CentOS7)を起動させるため、「起動」ボタンをクリックします。

クリックすると、CentOS7が起動し、「centos login:」が表示されますので「root」権限でログインしますので、「root」と入力し、Enterキーを押します。

Enterキーを押すと、「Password:」と表示されますので、設定したパスワードを入力し、Enterキーを押します。

Enterキーを押すと、root権限でログインできます。

■root権限でログイン後、テストでディレクトリを作成する

ログイン後、現在の作業ディレクトリ(カレントディレクトリ)を確認するために、

pwd

上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Enterキーを押すと、上記の結果が出力され、rootディレクトリにいることが確認できました。確認できましたので、次にcdコマンドを実際に試すため、移動するための新しいディレクトリを作成します。

mkdir test01

新しいディレクトリを作成するために上記のコマンドを入力しEnterキーを押します。今回は「test01」というディレクトリを作成してみます。

Enterキーを押すと何も結果が表示されず、新しいディレクトリが作成されたかどうかわかりませんので、lsコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Enterキーを押すと、ディレクトリの情報が表示され、「test01」というディレクトリが作成されていることが確認できました。

■cdコマンドを使い新しいディレクトリに移動する

確認できましたので、「test01」という新しいディレクトリに移動してみます。

cd test01

新しいディレクトリに移動するために、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Enterキーを押すと、「[root@localhost ~]」だったのが、「[root@localhost test01]に表示が切り替わりました。これで「test01」という新しいディレクトリに移動が完了しました。

pwd

念の為に、現在の作業ディレクトリ(カレントディレクトリ)を確認するために、上記をのコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Enterキーを押すと、「/root/test01」と表示されましたので、「test01」という新しいディレクトリに移動していることが確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました