【大人の入門講座】Arduino IDEを使用し、MicrobitにLEDを点滅させるスケッチ「Blink」を書き込む

Arduino IDEを使用し、MicrobitにLEDを点滅させるスケッチ「Blink」を書き込む方法について解説します。

■使用するもの

・Windows10搭載のパソコン(Arduino IDEがインストールしてある)

・micro:bit(マイクロビット)本体、1つ(https://amzn.to/2KAnGvX

・microUSBケーブル、1つ(https://amzn.to/3m31wjJ

■micro:bit(マイクロビット)本体にmicroUSBケーブルを接続する

micro:bit(マイクロビット)本体にmicroUSBケーブルを接続します。

■microUSBケーブルをパソコンに接続する

接続後、microUSBケーブルをパソコンに接続します。

■SoftDeviceをMicroBitにインストールします

接続後、こちらからファイルをダウンロードします。

クリックすると、Webブラウザで指定されているファイルの保存場所に「microbit-adv.hex」というファイルがダウンロードされます。

ダウンロードされたファイルを、「micro:bit(マイクロビット)」のドライブにドラックします。

■Arduino IDEの起動し、NRF5x Boardを追加する

ドラックした後に、Arduino IDEの起動します。起動後、micro:bit(マイクロビット)ではnRF51を使用しますので、これを追加します。

追加するには、「ファイル」から「環境設定」をクリックします。

クリックすると、「環境設定」のウインドウが表示されます。この中に「追加のボードマネージャのURL」という項目があり、右側に入力欄があります。

https://sandeepmistry.github.io/arduino-nRF5/package_nRF5_boards_index.json

入力欄に上記のURLをコピーして貼り付けします。

今回は入力欄にすでにURLが存在するので、複数追加する場合は、入力欄の隣のボタンをクリックします。

クリックすると、「追加のボードマネージャのURL」というウインドウが表示されます。「追加のURLを1行ずつ入力」の欄に、URLを貼り付けて、「OK」ボタンをクリックします。

クリックすると、URLが追加された状態になりますので、「OK」ボタンをクリックします。

クリック後、上部メニューから「ボード:」をクリックし、「ボードマネージャ…」ボタンをクリックします。

クリックすると、「ボードマネージャ」のウインドウが表示されます。上部に検索バーが表示されていますので「nRF5」と検索します。検索結果に「Nordic Semiconductor nRF5 Boards」というボードが表示されますので、「インストール」ボタンをクリックします。

クリックすると、ダウンロードが開始されてインストールが完了となります。

完了後、「閉じる」ボタンをクリックします。

■ボードからBBCmicro:bitを選択する

クリック後、「ツール」の「ボード:」をクリックし、「Nordic Semiconductor nRF5 Boards」をクリックします。「Nordic Semiconductor nRF5 Boards」内の「BBC micro:bit」をクリックします。

■SoftDeviceの設定

クリック後に、「ツール」から「Softdevice:」で現状は「なし」になっていますので、クリックし、「S110」をクリックします。

■シリアルポート

クリック後、「ツール」から「シリアルポート」をクリックし、今回の場合は接続しているmicro:bit(マイクロビット)が「COM8」なので、「COM8」をクリックします。

■LEDを点滅させるスケッチ「Blink」を書き込む

クリック後、「ファイル」から「新規ファイル」をクリックします。クリックすると新しいファイルが作成され表示されます。

■コード・スケッチ

const int COL1 = 3;     // Column #1 control
const int LED = 26;     // 'row 1' led

void setup() {  
  Serial.begin(9600);
  
  Serial.println("microbit is ready!");

  // because the LEDs are multiplexed, we must ground the opposite side of the LED
  pinMode(COL1, OUTPUT);
  digitalWrite(COL1, LOW); 
   
  pinMode(LED, OUTPUT);   
}

void loop(){
  Serial.println("blink!");
  
  digitalWrite(LED, HIGH);
  delay(500);
  digitalWrite(LED, LOW);
  delay(500);
}

表示後、新規ファイルに上記のコード・スケッチを記述します。

記述後、「マイコンボードに書き込む・書込装置を使って書き込み」ボタンをクリックします。

クリックすると、書き込みが開始されます。開始すると、「Windowsセキュリティの重要な警告」というウインドウが表示されます。「このアプリの機能のいくつかがWindows Defenderファイアウォールでブロックされています」と書かれていますので、今回は「パブリックネットワーク」にチェックが入っていることを確認し、「アクセスを許可する」ボタンをクリックします。

クリックすると、「ボードへの書き込みが完了しました。」と表示されます。

書き込みが成功すると、micro:bit(マイクロビット)本体のLEDが点滅します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました