Pythonでjson2objを使用しJSONファイル内のmemberに参照する

Pythonでjson2objを使用しJSONファイル内のmemberに参照してみます。

member(メンバー)とは、JSONのオブジェクト内にあるキーや値などのこと。

今回用いるjson2objライブラリは、Pythonの標準ライブラリではありませんので、事前にインストールする必要があります。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.8.5」を使用しています。(Windows10)(pythonランチャーでの確認)

■json2objを使用しJSONファイル内のmemberに参照する

では、早速、json2objを使用しJSONファイル内のmemberに参照するスクリプトを書いていきます。

■コード

from json2obj import JSONObjectMapper

json_test = JSONObjectMapper("""{"name": "tanaka","age": 35}""")

print(json_test.name == "tanaka")
print(json_test.age == 35)

「from import 」でjson2objモジュールのJSONObjectMapperを呼び出します。

その後、json_testという変数を定義し、その中にJSONObjectMapper()を用います。括弧内には、引数,パラメータとして、JSON形式でデータを渡します。

その後、JSONファイル内のmemberに参照するために、ドット演算子(メンバーアクセス演算子)”.”を用います。また比較演算子”==(イコール2つ)”を用いて、JSONファイル内のデータと、指定した値が等しいかを確認します。

確認後、結果が真偽値(True(真)またはFalse(真))で返されます。返された真偽値をprint()関数で出力します。

■実行・検証

このスクリプトを「json_test.py」という名前で、Pythonが実行されている作業ディレクトリ(カレントディレクトリ)に保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、今回の指定したJSON形式のデータが、memberを照会できるオブジェクトに変換され、演算子を使用し、真偽値を出力し、データを参照することができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました