PHPのfloatval()関数を使用し変数の浮動小数点値(float値)を返す

PHPのfloatval()関数を使用し変数の浮動小数点値(float値)を取得してみます。

floatval()関数は、変数の浮動小数点値(float値)を返すことができます。

■基本的な構文

floatval(variable);

variableは、浮動小数点値(float値)を確認する変数を指定します。スカラー型(1つの変数に対して1つの値だけを扱う)であることが必要となります。

■環境

・Windows10

・XAMPP 8.0.6

・PHP Version 8.0.6

■floatval()関数を使用し変数の浮動小数点値(float値)を取得する

では、PHPのfloatval()関数を使用し変数の浮動小数点値(float値)を取得するスクリプトを書いていきます。

■コード

<html lang="ja">
<head>
<title>floatval()関数を使用し変数の浮動小数点値(float値)を取得する</title>
</head>
<body>
<?php
$test1 = "123.456";
echo floatval($test1)."<br>";
$test2 = "タイムは3.9秒です";
echo floatval($test2)."<br>";
?>
</body>
</html>

変数の浮動小数点値(float値)を取得するために、今回はtest1という変数を定義します。変数内に浮動小数点を格納します。

格納後、floatval()関数を使用し括弧内に引数,パラメータとして、test1変数を渡します。これで渡された引数,パラメーターを元に浮動小数点値(float値)を返します。返された値をecho文で出力します。

■実行

では、このスクリプトを「get_float_value.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行させてみると、floatval()関数を使用したことで、変数内の浮動小数点値(float値)をecho文で出力させることができました。なお、今回はtest2という変数も定義し、変数内に文字列と数値を格納していましたが、こちらは「0」と出力されました。floatval()関数を使用し、取得に失敗した場合は「0」を返します。また空の配列は「0」を返し、空でない配列は「1」が返されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました