PHPで配列内の値の合計を計算する

PHPで配列内の値の合計を計算してみます。

今回は、配列内の値の合計を計算するために、array_sum()関数を使用します。array_sum()関数は、配列内のすべての数値の合計を返すことができます。

■環境

・Windows10

・XAMPP 8.0.6

・PHP Version 8.0.6

■PHPで配列内の値の合計を計算する

では、早速PHPで配列内の値の合計を計算するスクリプトを書いていきます。

■コード

<html lang="ja"> 
<head> 
<title>配列内の値の合計を計算する</title>
</head>
<body>
<?php
$number = array("1","2","3","4","5");
$sum = array_sum($number);
echo($sum);
?>
</html>

今回はnumberという変数を宣言し、その中でarray()関数を使用し配列を作成します。作成した配列の中に値を入れます。入れた後、格納します。

格納後、sumという変数を宣言し、その中でarray_sum()関数を使用します。array_sum()関数の括弧内で引数,パラメーターとして、number変数を渡します。渡された変数内の情報を元に、配列内のすべての数値の合計が返されます。

返された合計をecho文で出力します。

■実行

では、このスクリプトを「sum_val_in_array.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行してみると、array_sum()関数を使用したことで、今回作成した配列内の数値の合計が返され、出力されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました