Pythonでpyppeteerを使用しChromeブラウザの自動化を実行する

Pythonでpyppeteerを使用しChromeブラウザの自動化を実行してみます。

なお、今回はpyppeteerモジュールを使用します。pyppeteerモジュールはPythonの標準ライブラリではありませんので、事前にインストールする必要があります。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.8.5」を使用しています。(Windows10)(pythonランチャーでの確認)

■pyppeteerを使用しWebページのコンテンツを取得する

では、早速pyppeteerを使用しChromeブラウザの自動化を実行するスクリプトを書いていきます。

■コード

import asyncio
from pyppeteer import launch

async def main():
    browser = await launch()
    page = await browser.newPage()
    await page.goto('https://www.yahoo.co.jp/')
    content = await page.evaluate('document.body.textContent', force_expr=True)
    await browser.close()
    print(content)

asyncio.get_event_loop().run_until_complete(main())

asyncioと、pyppeteerモジュール内でlaunchを呼び出して、Chromeブラウザを自動的に起動。

起動後、Webページを開きます。今回はYahoo!Japan(https://www.yahoo.co.jp/)を指定しています。

開いた後に、page.evaluate()でWebページのコンテンツを取得しcontent変数に格納。格納後、content変数の情報をprint関数で出力してみます。

■実行

このスクリプトを「p_auto_chrome.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、今回指定したYahoo!Japanのページの情報を取得し出力させることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました