【Arduino入門】フォトレジスタ(フォトセル)で光強度を測定する

Arduino Elegoo MEGA2560 R3ボードでフォトレジスタ(フォトセル)を使って光強度を測定してみます。

■用意したもの

・Arduinoバージョン1.8.13がインストールされているPC(Windows10)

・Elegoo MEGA2560 R3ボード、1個

・BREADBOARD(ブレットボード) MB-102、1個

・220 ohm resistor(抵抗器)、8個

黄色の帯に「220」と記載されています。

・1k ohm resistor(抵抗器)、1個

黄色の帯に「1K」と記載されています。

・LEDランプ、8個

・74hc595 IC(シフトレジスタ)、1個

・フォトレジスタ(フォトセル)、Photoresistor (Photocell)、1個

・オス – オス ジャンパー線(ジャンパーワイヤ)(M-M wires (Male to Male jumper wires))、16つ

それぞれ(ELEGOO Arduino用のMega2560スタータキット最終版)に付属しているものです。

■フォトレジスタ(フォトセル)への理解

フォトレジスタ(フォトセル)は、光制御の可変抵抗器です。フォトレジスタの抵抗は、入射光の強度が増加するにつれて減少する。光依存性抵抗器(LDR)とも呼ばれている。

■ブレットボードにフォトレジスタ(フォトセル)などを接続する

それでは、フォトレジスタ(フォトセル)で光強度を測定してみますので、まずはブレットボードとフォトレジスタ(フォトセル)などを接続していきます。

フォトレジスタ(フォトセル)などを上記のような形で、配線を間違えないに気をつけながら接続していきます。

■ブレットボードとElegoo MEGA2560 R3ボードを接続する

接続した後は、ブレットボードとElegoo MEGA2560 R3ボードを、オス – オス ジャンパー線で接続します。

こちらも配線を間違えないようにします。

■Elegoo MEGA2560 R3ボードをPC(パソコン)に接続する

接続後、Elegoo MEGA2560 R3ボードをUSBケーブルを使って、PC(パソコン)に接続する。

接続すると、Arduinoの入門で書き込んだコードが影響してか、LEDランプが点灯しました。

■コードをアップロードし、マイコンボードに書き込む

接続後、ELEGOO Arduino用のMega2560スタータキット最終版に付属したCD-ROMをパソコンで読み取ります。

CD-ROMから「日本語」をクリックする。

「code」をクリックする。

「Lesson 26 Photocell」をクリックする。

「Photocell」をクリックする。

「Photocell.ino」をクリックする。

クリックすると、「Arduino」が起動し、ウインドウ内に「Photocell」のコードが表示されます。

このコードをMEGA2560 R3ボードに書き込みます。

書き込む際は、「Arduino」の上部にある「マイコンボードに書き込む・書込装置を使って書き込み」ボタンをクリックします。クリックする際は、接続したPC(パソコン)でMEGA2560 R3ボードが認識されているかを確認し、クリックします。

クリックすると、「ボードへの書き込みが完了しました。」と表示され、書き込みが成功しました。

書き込みが成功すると、数個のLEDランプに変化があります。フォトレジスタ(フォトセル)にむかって、光りを放つと、LEDランプがそれに反応して数個のLEDランプが点灯します。これにより、光強度を測定することができます。

■フォトレジスタ(フォトセル)で光強度は測定できるのかの検証

書き込み後、フォトレジスタ(フォトセル)で光強度は測定できるのかの検証を行いました。

検証を行いましたが、ライトの光りをフォトレジスタ(フォトセル)に向けてみると、フォトレジスタ(フォトセル)が反応し、それに応じてLEDランプが点灯することを確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました