PHPのarray_count_values()関数を使用し配列の全ての値を数える(出現回数も含む)

PHPのarray_count_values()関数を使用し配列の全ての値を数えてみます。(出現回数も含む)

array_count_values()関数は、配列の全ての値を数えることができます。戻り値は、連想配列を返され、キーは元の配列の値であり、値は出現回数となります。

■基本的な構文

array_count_values(array)

arrayは、値を数えるために配列を指定します。

■環境

・Windows10

・XAMPP 8.0.6

・PHP Version 8.0.6

■PHPのarray_count_values()関数を使用し配列の全ての値を数える(出現回数も含む)

では、PHPのarray_count_values()関数を使用し配列の全ての値を数える(出現回数も含む)スクリプトを書いていきます。

■コード

<html lang="ja"> 
<head> 
<title>array_count_values()関数を使用し配列内の要素の数を取得する</title>
</head>
<body>
<?php
$str = array("小林","大木","雨宮","小杉","小林","杉浦");
print_r(array_count_values($str))
?>
</body>
</html>

今回はstrという変数を宣言し、その中でarray()関数を使用します。array()関数の括弧内に、値(文字列)を渡します。これで配列が作成されます。作成後、格納。

格納後、print_r()関数と、array_count_values()関数を使用します。array_count_values()関数の括弧内には、値を数える配列が格納されているstr変数を渡します。渡された情報を元に全ての値が数えられ返されます。

返された情報をprint_r()関数で出力します。

■実行

では、このスクリプトを「count_values_array.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行してみると、array_count_values()関数を使用したことで、str変数内の配列の値の数が数えられ、連想配列として出力されました。今回str変数内の配列には、重複した値(文字列)を入れていましたが、重複している値の出現回数が出力されることも確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました