【obniz入門】ボタンモジュールを使用する

obniz Boardに接続したボタンモジュールを使用してみます。

■用意したもの

・obniz Board

・Keyestudio社製ボタンモジュール

・Micro USBケーブル

これらは「obniz Starter kit(オブナイズ スターターキット)」に付属しています。

別途用意したもの

・Windows10を搭載したノートパソコン(オンラインのプログラムエディタを開くため)

・インターネット環境、WiMAX(ワイマックス)。

■ボタンモジュールをobniz Boardに接続する

obniz Boardに接続したボタンモジュールを使用してみますので、ボタンモジュールをobniz Boardに接続します。

接続する際は、ボタンモジュールのピンに「S(signal)」、「V(vcc)、「G(gnd)」と記載されていることを確認しておきます。

obniz Boardの「0」、「1」、「2」と記載されているところにピンを差し込みます。

ピンは奥までしっかりと差し込みます。

■obniz Boardをノートパソコンに接続する。

差し込んだ後は、obniz Board本体をUSBケーブルを使い、ノートパソコンへ接続します。

■デベロッパーのコンソールにアクセスし、プログラムを作る。

接続後、「obniz – developer’s console(http://obniz.com/ja/console/program)」にアクセスします。アクセス後、オンラインのプログラムエディタでプログラムを作っていきます。

今回は、ボタンモジュールが押されたかどうかを検知するプログラムを作ります。ボタンモジュールのプログラムの参考はこちら(https://obniz.com/ja/sdk/parts/Keyestudio_Button/README.md)。

■コード

「obniz.wired(“Keyestudio_Button”, {signal:0, vcc:1, gnd:2});」の「signal:0, vcc:1, gnd:2」の部分で、ボタンモジュールのピンに記載されているものと一致しているか確認します。これがずれていると検知できません。

このプログラムは、ボタンモジュールが押されたかどうかを検知して、Webページ上で押された時に「true」が表示され、離れると「false」と表示されます。

■検証・確認

今回のプログラムを実行し、ボタンモジュールが押されたかどうか検知できたのかの検証・確認を行いました。

検証・確認を行いましたが、ボタンモジュールを押すと、ボタンが押されたことを検知しWebページ上で結果が出力されることを確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました