【obniz入門】ON/OFFボタンでLEDを点滅させる

obniz Boardに接続したLEDを、Webページ上のON/OFFボタンを使って点滅させてみます。

■用意したもの

・obniz Board

・Micro USBケーブル

これらは「obniz Starter kit(オブナイズ スターターキット)」に付属しています。

別途用意したもの

・Windows10を搭載したノートパソコン(オンラインのプログラムエディタを開くため)

・インターネット環境、WiMAX(ワイマックス)。

・BREADBOARD(ブレットボード)、1個(https://amzn.to/2FufpH9

・ジャンパーワイヤー(ジャンパー線)オス-オス、2本(https://amzn.to/3m9rYZj

・220 ohm resistor(抵抗器)、1個(https://amzn.to/2FATa2j

・LED 発光ダイオード、1個(https://amzn.to/2DVgQOx

■ブレッドボードにLED、抵抗器、ジャンパーワイヤー(ジャンパー線)を接続する

obniz Boardに接続したLEDを、Webページ上のON/OFFボタンを使って点滅させてみますので、まずLED、抵抗器、ジャンパーワイヤー(ジャンパー線)をブレッドボードに接続します。

接続する際はLEDのアノード(+)、カソード(-)を確認し接続します。

LEDを接続した後は、接続したLEDのアノード(+)、カソード(-)を確認し、抵抗器(220Ω)も接続します。

接続した後に、ジャンパーワイヤー(ジャンパー線)もブレッドボードに接続します。

■obniz Boardにジャンパーワイヤー(ジャンパー線)を接続する

接続後、obniz Boardにジャンパーワイヤー(ジャンパー線)を接続します。

LEDのアノード(+)をobniz Boardの「0」、LEDのアノード(-)をobniz Boardの「1」に接続します。

■obniz Boardをノートパソコンに接続する。

差し込んだ後は、obniz Board本体をUSBケーブルを使い、ノートパソコンへ接続します。

■デベロッパーのコンソールにアクセスし、プログラムを作る。

接続後、「obniz – developer’s console(http://obniz.com/ja/console/program)」にアクセスします。アクセス後、オンラインのプログラムエディタでプログラムを作っていきます。

今回、LEDの点滅を行いますので、こちらを参考させていただきました(https://obniz.com/ja/sdk/parts/LED/README.md)。

■コード

Webページ上の「ON」ボタンをクリックすると、「led.blink();」でLEDが点滅します。LEDを点滅させるだけなので、それほど難しくはありません。

■検証・確認

今回のプログラムを実行し、Webページ上の「ON/OFF」ボタンでLEDを点滅させることができるのかの検証・確認を行いました。

検証・確認を行いましたが、Webページ上の「ON/OFF」ボタンでLEDを点滅させることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました