リモートリポジトリにpushする(アップロードする)

前回、ローカルGitリポジトリにファイルを追加するという記事を公開しましたが、リモートリポジトリにpushしてみます(アップロードしてみます)。

なお、ここでのpush(プッシュ)とは、ローカルリポジトリのコンテンツをリモートリポジトリにアップロードすることを言います。

■PC環境

>Windows 10

>git –version
git version 2.35.1.windows.2

※今回は「Git for windows」をインストールしています。

■リモートリポジトリに追加

リモートリポジトリにpushしますが、その前にリモートリポジトリをブックマークします。

ブックマークするために、GitHub(https://github.com/)にアクセスし、お持ちのアカウントでログインします。ログイン後のページの右上にある「+」ボタンをクリックし、「New repository」をクリックします。

クリックすると「Create a new repository(https://github.com/new)」のページに移動します。移動後、今回は「Owner」をお持ちのユーザー名に設定し、「Repository name」を「github_test」に設定します。

設定後、「Description (optional)」で説明は記入なしで、「Public」を選択します。

選択後、「Initialize this repository with:」、「Add .gitignore」、「Choose a license」はデフォルトのままで、最後にページ下にある「Create repository」ボタンをクリックします。

クリックすると、新しいリポジトリが作成され、表示されます。表示後「Quick setup — if you’ve done this kind of thing before」から「HTTPS」を選択し、リポジトリのURLを取得します。

C:\Users\user_>cd github_test

取得後、Windows10のコマンドプロンプトを起動します。起動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。「cd」コマンドを用いて作成した「github_test」ディレクトリ内に移動します。

C:\Users\user_\github_test>git remote add origin https://github.com/ユーザーID/github_test.git

移動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。「git remote」コマンドを用いて、先程作成したリモートリポジトリに追加します。「add」は追加で、「origin」は、リポジトリの初期ブランチのデフォルト名です。

Enterキーを押すと、何も出力されませんが、追加されます。

■リモートリポジトリにpushする

C:\Users\user_\github_test>git push origin master

追加後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。「git push」コマンドを用いて、ローカルコミットを取得し、他のユーザーが共同作業できるようにgithubのリモートサーバー(リモートリポジトリ)にアップロードします。

Enterキーを押すと、「Connect to GitHub」というウインドウが表示されます。ウインドウ内には「GitHub Sign in」と表示されています。サインインするために、「Browser/Device」、「Token」の方法がありますが、今回は「Browser/Device」の「Sign in with your browser」ボタンをクリックします。

クリックすると、Webブラウザが起動し、「Authorize application」のページが表示されます。ページ内の「Authorize GitCredentialManager」ボタンをクリックします。

クリックすると、「Confirm access」のページが表示されます。ページ内の「Password」に、お持ちのGithubパスワードを入力します。入力後「Confirm password」ボタンをクリックします。

クリックすると、「Git Credential Manager」のページが表示されます。ページ内に「Authentication Succeeded. You may now close this tab and return to the application.(認証に成功しました。これで、このタブを閉じて、アプリケーションに戻ることができます。)」と表示されます。これでサインインを行い、認証が成功しましたので、タブを閉じます。

info: please complete authentication in your browser...
Enumerating objects: 3, done.
Counting objects: 100% (3/3), done.
Writing objects: 100% (3/3), 240 bytes | 240.00 KiB/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 0
To https://github.com/ユーザーID/github_test.git
* [new branch] master -> master

閉じた後にコマンドプロンプト上に戻ります。戻ると、上記のメッセージが出力されます。これで、ローカルリポジトリのコンテンツをリモートリポジトリにアップロードする作業が完了となります。

完了後、GitHub(https://github.com/)にアクセスし、先程作成したリポジトリを確認すると、ローカルリポジトリのファイルがアップロードされていることが確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました