Python初心者がチャットワークのAPIを簡単に使える「pychatwork」を使ってみる

Python初心者がチャットワークのAPIを簡単に使える「pychatwork」を使ってみます。(Windows10上)

Pythonのライブラリに「pychatwork」というチャットワークのAPIを簡単に使えるものがあるので、試してみます。参考:https://pypi.org/project/pychatwork/

■Python

Pythonバージョン

今回のPythonのバージョンは、「3.8.2」を使用しています。

■チャットワークのAPI Tokenを取得する

「pychatwork」ライブラリを使うために、チャットワークのAPI Tokenが必要なので、API Tokenを取得します。

取得するためには、チャットワークの「API Token」のページにアクセスします。アクセスする前に、チャットワークに新規登録を行うか、お持ちのチャットワークアカウントにログインしておく必要があります。

「API Token」のページにアクセスすると、「APIトークンを発行、表示する場合は、Chatworkのパスワードを入力してください。」と書かれていますので、チャットワークにログインした際に使用したパスワードを入力します。入力後、表示ボタンをクリックします。

クリックすると、「API Token」が発行されますので、この情報をコピーし記録、保存します。

■pychatworkのインストール

API Tokenを取得した後は、Python3.8.2に「pychatwork」のインストールを行います。

pip install pychatwork

コマンドプロンプトで上記のコマンドを入力しENTERキーを押します。

ENTERキーを押すと、pipを経由して「pychatwork」ライブラリがインストールされます。

■コード

Python3.8.2に「pychatwork」のインストールされましたので、プログラムを試してみます。

import pychatwork as ch


client = ch.ChatworkClient("取得したAPI Token")


# get message from my room
res = client.get_messages(room_id="ROOMID", force=True)


# post message to my room
client.post_messages(room_id="ROOMID", message="hello chatwork!")

上記のコードで実行できるかどうかテストを行います。チャットワークの特定の部屋に「hello chatwork!」というメッセージを送信するプログラムです。

なお、「room_id=”ROOMID”」のROOMIDは、チャットワークで会話してる部屋のIDとなります。

確認方法は、GoogleChromeなどのWebブラウザでチャットワークで会話してる部屋を開きます。

部屋を開くと、アドレスバーにURLが表示されていますので、「rid」以降の数字がROOMIDとなります。

■実行

今回のテストするプログラムを、「pychatwork-test.py」というファイルで保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、コマンドプロンプトでは何も表示されません。

コマンドプロンプトでは何も表示されませんが、チャットワークを確認してみると、指定したROOMIDの部屋に「hello chatwork!」というメッセージが送信されていることが確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました