【Arduino入門】プッシュボタンによるLEDの点灯をしてみる

Elegoo MEGA2560 R3ボードでデジタル入力付きのプッシュボタンによるLEDランプの点灯(オン/オフ)をしてみます。

■用意したもの

・Arduinoバージョン1.8.13がインストールされているPC(Windows10)

・Elegoo MEGA2560 R3ボード、1個

・BREADBOARD(ブレットボード) MB-102、1個

・5mm red LEDランプ、1個

・220 ohm resistor(抵抗器)、1個

黄色の帯に「220」と記載されています。

・オス – オス ジャンパー線(ジャンパーワイヤ)(M-M wires (Male to Male jumper wires))、7つ

・プッシュスイッチ(push switches)、2個

それぞれ(ELEGOO Arduino用のMega2560スタータキット最終版)に付属しているものです。

■プッシュスイッチ(push switches)への理解

プッシュスイッチは、今回のものは、ボタンを押すことで2つの接点が接続される仕組みとなっています。

今回のプッシュスイッチの足が4つありますが、電気接続が2つしかありません。上記の写真のAと Dが一緒に接続され、BとCが一緒に接続されます。

■ブレットボードにプッシュスイッチなどを配置する

ボタンによるLEDランプの点灯(オン/オフ)を行っていきますので、まずはブレッドボードにプッシュスイッチ、LEDランプ、抵抗器、ジャンパー線を配置していきます。

配置すると上記のようになります。LEDランプのリード線の正(+、プラス)と負(-、マイナス)に注意する。

■ブレットボードとElegoo MEGA2560 R3ボードを接続する

ブレッドボードにプッシュスイッチ、LEDランプ、抵抗器、ジャンパー線の配置が完了したら、次はElegoo MEGA2560 R3ボードとの接続を行う。

接続すると上記のようになる。左ボタンと右ボタンの配線に注意しながら接続する。

■Elegoo MEGA2560 R3ボードをPC(パソコン)と接続する

ブレッドボードとElegoo MEGA2560 R3ボードとの接続が完了した後は、USBケーブル使い、Arduinoバージョン1.8.13がインストールされているPCに接続する。

■コードをアップロードし、マイコンボードに書き込む

接続後、ELEGOO Arduino用のMega2560スタータキット最終版に付属したCD-ROMをパソコンで読み取ります。

CD-ROMから「日本語」をクリックする。

「code」をクリックする。

「Lesson 5 Digital Inputs」をクリックする。

「Digital_Inputs」をクリックする。

「Digital_Inputs.ino」をクリックする。

クリックすると、「Arduino」が起動し、ウインドウ内に「Digital_Inputs」のコードが表示されます。

こちらに同じコードが公開されています(https://learn.adafruit.com/adafruit-arduino-lesson-6-digital-inputs/arduino-code)。

このコードをMEGA2560 R3ボードに書き込んでみます。

書き込む際は、「Arduino」の上部にある「マイコンボードに書き込む・書込装置を使って書き込み」ボタンをクリックします。クリックする際は、接続したPC(パソコン)でMEGA2560 R3ボードが認識されているかを確認し、クリックします。

クリックすると、「ボードへの書き込みが完了しました。」と表示されます。これで書き込みは完了です。

■プッシュボタンによるLEDの点灯

書き込みが完了し、ブレッドボードに配置した2個のプッシュスイッチをテストしてみましたが、オン・オフができることが確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました