PHPを使用しアラートメッセージボックスをポップアップ表示する

PHPを使用しアラートメッセージボックスをポップアップ表示してみます。

なお、PHP自体ではアラート(警告)メッセージボックスが表示できませんので、PHP本体内のJavaScriptコードを使用してアラートメッセージボックスをポップアップ表示してみます。

■環境

・Windows10(Microsoft Edge)

・WampServer Version 3.2.3 64bit

・PHP Version 7.3.21

■アラート(警告)メッセージボックスを表示する

では、アラート(警告)メッセージボックスを表示するスクリプトを書いてきます。

■コード

<?php
echo '<script>alert("ようこそのWebの世界へ")</script>';
?>

アラート(警告)メッセージボックスが表示する際は、PHPのecho文を使用し、中にJavaScriptのscriptタグを書きます。書いた後に、アラート(警告)メッセージボックスが表示するために、alert()と書きます。

書いた後に括弧内にアラート(警告)メッセージボックスで表示させる文字列を書きます。これで、アラート(警告)メッセージボックスを表示することができます。

■実行

では、このスクリプトを「hello.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行させてみると、Webブラウザにアラート(警告)メッセージボックスが表示され、さらに「localhostの内容」と表示されます。表示されたボックスの中にalert()の括弧内に書いた文字列が表示されることが確認できました。なお、アラート(警告)メッセージボックスの「OK」ボタンをクリックすると、ボックスが閉じます。

■PHP の関数 ( function )を使用し、アラート(警告)メッセージボックスが表示する

では、次にPHP の関数 ( function )を使用し、アラート(警告)メッセージボックスを表示するスクリプトを書いていきます。

■コード

<?php
function func_alert($message){
    echo "<script>alert('$message');</script>";
}
func_alert("ようこそのWebの世界へ");
?>

func_alertという関数を定義し、括弧内にmessageという引数を指定します。関数の中にecho文を使用し、中にJavaScriptのscriptタグを書きます。書いた後に、アラート(警告)メッセージボックスが表示するために、alert()と書きます。括弧内にはmessageという引数を指定します。

指定後、func_alertという関数を呼び出す。その際に括弧内にアラート(警告)メッセージボックスが表示するための文字列を書きます。

■実行

では、このスクリプトを「hello.php」という名前で保存し、実行させてみます。

実行させてみると、関数を呼び出され、Webブラウザにアラート(警告)メッセージボックスが表示されることが確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました