Pythonでkeyboardモジュールを使用しホットキーを押すたびにコールバックを呼び出す

Pythonでkeyboardモジュールを使用し、ホットキーを押すたびにコールバックを呼び出してみます。

なお、今回はkeyboardモジュールを使用します。keyboardモジュールはPythonの標準ライブラリではありませんので、事前にインストールする必要があります。

■Python

今回のPythonのバージョンは、「3.8.5」を使用しています。(Windows10)(pythonランチャーでの確認)

■keyboardモジュールを使用しホットキーを押すたびにコールバックを呼び出す

では、早速keyboardモジュールを使用しホットキーを押すたびにコールバックを呼び出すスクリプトを書いていきます。

■コード

import keyboard

keyboard.add_hotkey("ctrl+alt+p",lambda: print("CTRL+ALT+P を押しました!"))

keyboard.wait()

ホットキーを押すたびにコールバックを呼び出す場合は、インポートでkeyboardモジュールを呼び出します。その後にadd_hotkey()関数を使用します。第1の引数には、ホットキーを指定します。第2の引数には、lambda関数と、print関数を使用し、ホットキーを押した場合に出力する文字列を指定します。

最後に、wait()関数を使用し、ホットキーが押されるのを待ちます。

■実行

このスクリプトを「hotkey_callback.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行すると、何も出力されませんが、今回指定したホットキー「Ctrl+Alt+P(同時押し)」を押すと、文字列が出力されました。ちなみにホットキーを押すたびに何度もprint関数で文字列が出力されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました