Ubuntu 20.04.2 LTSにNginxをインストールする

Ubuntu 20.04.2 LTSにNginxをインストールしてみます。

今回はDigitalOcean(https://www.digitalocean.com/)クラウドサーバー(ドロップレット)に接続し、クラウドサーバー(Ubuntu 20.04.2 LTS)に、フリーでオープンソースなWebサーバーであるNginxをインストールし、サーバーを確認するまでをやってみます。

■PC環境

・Windows10 Pro

・OpenSSH_for_Windows_8.1p1, LibreSSL 3.0.2(Windows10にプリ(標準)インストール)

■クラウド環境

Ubuntu 20.04.2 LTS (GNU/Linux 5.4.0-73-generic x86_64)

■コマンドプロンプトを起動する

コマンドプロンプトを起動します。

起動する際は、Windows10のディスクトップ画面の「ここに入力して検索」という検索ボックスで「cmd」を入力すると、「コマンドプロンプト」が検索結果として表示されます。こちらをクリックします。

ssh root@***.*.*.*<ipアドレス>

起動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。OpenSSHを使用し、クラウドサーバー(ドロップレット)にroot権限で、接続します。

sudo apt update

接続後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。Ubuntuのパッケージの更新を行います。

■Nginxをインストールする

sudo apt install nginx

更新後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。Nginxのインストールを行います。

Enterキーを押すと、インストールが開始され、途中で「Do you want to continue? (続けますか?)[Y/n]」と質問されますので、「Y」と入力し、Enterキーを押します。

Enterキーを押すと、インストールが再び開始され、しばらくすると完了となります。

■ファイアウォールの調整をする

完了後、ファイアウォールを調整して、サービスへのアクセスを許可する必要がありますので、Nginxをサービスとしてufwに登録します。ufw(Uncomplicated FireWall)は、Ubuntuで利用できる⁠iptablesを設定するツールです。このツールでNginxへのアクセスが容易になります。

sudo ufw app list

まずは、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。アプリケーション構成(リスト)を表示します。

Available applications:(利用可能なアプリケーション)
Nginx Full(ポート80とポート443の両方を開く)
Nginx HTTP(ポート80のみを開く)
Nginx HTTPS(ポート443を開く)
OpenSSH

Enterキーを押すと、利用可能なアプリケーションのリストが表示されます。今回は、ポート80のトラフィックのみを許可しますので、「Nginx HTTP」を利用します。

sudo ufw allow 'Nginx HTTP'

「Nginx HTTP」を利用するために、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Rules updated(ルール更新)
Rules updated (v6)(ルール更新)

Enterキーを押すと、「Rules updated(ルール更新)」と表示されます。これで「Nginx HTTP」が有効になりました。

sudo ufw status

有効になっているのかを確認する場合は、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Status: inactive(ステータス: インアクティブ・非活動)

Enterキーを押すと、「Status: inactive(ステータス: インアクティブ・非活動)」と表示されますので、非活動となっていますので、これを活動させます。

sudo ufw enable

活動させるためには、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Command may disrupt existing ssh connections. Proceed with operation(このコマンドを実行すると、既存の ssh 接続が中断される可能性があります。操作を進める) (y|n)?

Enterキーを押すと、上記の質問されますので、「y」と入力しEnterキーを押します。

Firewall is active and enabled on system startup(システム起動時にファイアウォールが有効になっている)

Enterキーを押すと、上記のメッセージが表示されますので、これでファイアウォールが有効となります。

sudo ufw status

再び、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Status: active(ステータス: アクティブ・活動的)

To Action From
-- ------ ----
Nginx HTTP ALLOW Anywhere
Nginx HTTP (v6) ALLOW Anywhere (v6)

Enterキーを押すと、今度は「Status: active(ステータス: アクティブ・活動的)」と表示されました。これでファイアウォールの調整は完了となります。なお、SSH(ポート22)を許可するよう設定(「sudo ufw allow ssh」)しておかないと、「ssh: connect to host ipaddress port 22: Connection timed out」というエラーが発生し、SSH接続できなくなります。

■Webサーバーを確認する

完了後、Ubuntu 20.04.2 LTS上でNginxを起動します。

systemctl status nginx

まずは、Nginxの現在の稼働状況を確認するために、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

Enterキーを押すと、上記のメッセージが表示され、「Active:」の項目に「active (running)(アクティブ(動作中))」と表示されています。表示されていますので、現在はNginxの動作中です。

http://***.*.*.*<ipアドレス>

動作を確認後、作成したクラウドサーバー(ドロップレット)のIPアドレスを確認し、IPアドレスの前に「http://」と記述します。このURLをコピーし、Webブラウザを起動。

Welcome to nginx!(nginxへようこそ)

If you see this page, the nginx web server is successfully installed and working.(このページが表示されたら、nginxウェブサーバは正常にインストールされ、動作しています。)

Further configuration is required.(さらに設定が必要です。)

For online documentation and support please refer to nginx.org.(オンラインドキュメントやサポートについては nginx.org をご覧ください。)
Commercial support is available at nginx.com.(商用サポートは nginx.com でご利用いただけます。)

Thank you for using nginx.(nginx をご利用いただきありがとうございます。)

起動したWebブラウザのアドレスバーにコピーしたURLを貼り付けて、アクセスします。アクセスすると、上記のデフォルトのNginxのランディングページが表示されます。これが表示されれば、Nginxをインストールし、正常に動作できています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました