【JavaScript】table()関数を用いてテーブルをコンソールに書き込み

【JavaScript】table()関数を用いてテーブルをコンソールに書き込みしてみます。

table()関数を用いると、テーブルをコンソールに書き込むことができますので、JavaScriptで複雑な配列やオブジェクトを視覚化する際に重宝します。

■構文,パラメーター

console.table(tabledata, tablecolumns)

tabledataは、テーブルに入力するデータを渡します。これは必ず必要となる。

tablecolumnsは、テーブル列の名前を持つ配列を渡します。これはオプションとなる。

■環境

Windows10(Google chrome)

Javascript Playground: PLAYCODE(https://playcode.io/

■table()関数を用いてテーブルをコンソールに書き込む

では、早速table()関数を用いてテーブルをコンソールに書き込んでみます。

■コード

var test = [["田中"], ["吉田"], ["佐々木"]];

console.table(test)

今回はvarを用いてtestという変数を用います。変数内には、角括弧”[ ]”を用いて、今回は3つの日本語の文字列を格納します。この際に、各文字列の格納も角括弧”[ ]”を用います。

格納後、consoleに対してtable()関数を用います。これでコンソールに書き込みを行います。書き込みを行うので、括弧内にtest変数を渡します。

■実行・検証

このスクリプトを保存し実行してみます。

実行してみると、test変数内の情報がコンソールに書き込まれ表示させることができました。

なお、変数を定義し、文字列を格納する際に、各文字列を角括弧”[ ]”を用いて格納しないと、コンソール上で表形式で出力させる際に、1文字ずつ出力となる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました