【大人の入門講座:micro:Maqueen】Arduino IDEを使用し、 超音波距離センサモジュールHC-SR04を使う

【大人の入門講座:micro:Maqueen】Arduino IDEを使用し、 超音波距離センサモジュールHC-SR04を使う

超音波距離センサモジュールHC-SR04を使う前に、micro: Maqueen micro:bit 教育プログラミングロボットプラットフォームに付属しているmicro:Maqueenは組み立てておきます。

組み立て後、Arduino IDEを使用し、micro:Maqueenを動かすために必要なライブラリなどの設定を行っておきます。

■使用するもの

・Windows10搭載のパソコン(Arduino IDEがインストールしてある)

・micro:bit(マイクロビット)本体、1つ(https://amzn.to/2KAnGvX

・microUSBケーブル、1つ(https://amzn.to/3m31wjJ

・micro: Maqueen micro:bit 教育プログラミングロボットプラットフォーム(https://amzn.to/33ffzeI

※今回使用する音波距離センサモジュールHC-SR04は、micro: Maqueen micro:bit 教育プログラミングロボットプラットフォームに付属しています。

■micro:Maqueen V4.1の準備

micro:Maqueen V4.1で超音波距離センサモジュールHC-SR04を使用するため、micro:bit(マイクロビット)を差し込んだ後に、バッテリーボックスに今回は単4電池を使用しますので、単4電池を3つセットします。

セットした後に、micro:bit(マイクロビット)にmicroUSBケーブルを差し込みます。

■microUSBケーブルをPC(パソコン)に接続する

差し込んだ後、microUSBケーブル(USB(A)オス)をPC(パソコン)に接続します。この時に、SoftDeviceをMicroBitにインストールします。

■micro:Maqueen V4.1にスケッチを書き込む

micro:Maqueen V4.1にスケッチを書き込むために、Arduino IDEを起動します。

起動後、「ファイル」の「スケッチ例」から「micro Maqueen」をクリックし、「library_example2_avoid」をクリックします。

Arduino IDEに「library_example2_avoid」のスケッチが表示されます。今回のスケッチ例はこちらで公開されています(https://github.com/kd8bxp/micro-Maqueen-Arduino-Library/blob/master/examples/library_example2_avoid/library_example2_avoid.ino)。

表示後、「ツール」をクリックします。

クリックすると、「ボード:”BBC microbit:bit”」、「Softdevice:”S110″」、「シリアルポート:”BBC microbit:bit”」となっているかを確認します。

確認後、「マイコンボードに書き込む・書込装置を使って書き込み」ボタンをクリックします。

クリックすると、書き込みが開始され、「ボードへの書き込みが完了しました。」と表示されます。「警告:ライブラリNewPingはアーキテクチャavr, armに対応したものであり、アーキテクチャnRF5で動作するこのボードとは互換性がないかもしれません。」と表示されますが、あくまで”警告”であってエラーが発生しているわけではないので問題はありません。

書き込み後、microUSBケーブル(USB(A)オス)をPC(パソコン)から外し、micro:bit(マイクロビット)側のmicroUSBケーブルも外します。

■プログラムの実行・検証

外した後に、micro:Maqueen V4.1のボディの後ろにあるスイッチを切り替えます。

スケッチを切り替えると、micro:bit(マイクロビット)本体のLEDが点灯し、「A」と表示されます。micro:Maqueen V4.1のボディの「Power」のLEDも点灯します。

点灯後、micro:bit(マイクロビット)本体の「A」のボタンを押すと、モーターが動き、超音波距離センサモジュールHC-SR04が、障害物を検知します。検知した障害物を避けるように、micro:Maqueen V4.1が動くことを確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました