Pythonでリストをアルファベット順または数値順に並べ替える

Pythonでリストをアルファベット順または数値順に並び替えてみます。

リストをアルファベット順または数値順に並び替えるためには、Pythonのsort()関数を使うことで簡単に並び替えることができます。soft()関数を使うためには、モジュールのインストールは不要です。

■Python

Pythonバージョン

今回のPythonのバージョンは、「3.8.2」を使用しています。(Windows10)

■soft()関数を使って並び替える

では、早速soft()関数を使ってリストをアルファベット順または数値順に並び替えてみます。

■コード

list = ['c','b','a','d','f','e']

list.sort()

print(list)

list変数に順番がバラバラになっているアルファベットを設定し、soft()関数を使用し、アルファベット順に変更してみます。なお、()の中に何も記述しないと、リストが昇順でソートされます。

アルファベット順に変更されたものをprint関数で出力してみます。

■実行

今回書いたスクリプトを、「list-rearranges.py」という名前で保存し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、リスト内に記述したバラバラだったアルファベットが綺麗にアルファベット順に変更されていることを確認できました。

■アルファベット順の逆(降順)に並び替える場合

アルファベット順に並び替えることができましたが、アルファベット順の逆(降順)にも並び替えてみます。

■コード

list = ['c','b','a','d','f','e']

list.sort(reverse=True)

print(list)

降順に並び替える場合は、soft()関数の()内に「reverse=True」と記述します。

「reverse=True」と記述すると、アルファベット順が降順になります。

■コード

スクリプトを変更し、コマンドプロンプトから実行してみます。

実行してみると、先程はアルファベット順に並び替えられていましたが、「reverse=True」と記述すると、降順になることを確認できました。

■数値順に並べ替える場合

アルファベット順に並び替えることができましたので、数値順に並べ替える場合もやってみます。

■コード

list = [100,50,10,5,1,150]

list.sort()

print(list)

数値順に並べ替える場合は、シングルクォーテーション、ダブルクォーテーションは必要はありません。

■実行

実行してみると、数値順に並べ替えることができることを確認できました。

■数値を降順に並び替える場合

■コード

list = [100,50,10,5,1,150]

list.sort(reverse=True)

print(list)

数値を降順に並び替える場合は、アルファベット順の逆(降順)に並び替える場合と同じで、「reverse=True」と記述します。

■実行

実行してみると、数値が降順に並び替えられていることが確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました